【事業者の皆様へ】 北海道における秋の再拡大防止特別対策について

令和3年9月30日をもって、国における緊急事態事態宣言に伴う北海道における緊急事態措置期間が終了し、10月1日からは北海道独自の対策として、国の基本的対処方針に基づく段階的な緩和の観点等をふまえ、秋の再拡大防止特別対策が実施されます。
 引き続き、これまでどおりの基本的な感染防止対策を徹底するようご協力をお願いいたします。緊急事態宣言終了後の要請・協力依頼が北海道より通知されましたので周知します。

【期間】 

10月1日~10月31日

【要請・協力内容】

飲食を主として業としている店舗等では、カラオケ設備の利用を行わない。

(特措法第24条第9項)

●(カラオケ店等)飲食を主として業としていない店舗においてカラオケ設備の提供を行う場合、利用者の密を避ける、換気の確保等、感染対策を徹底する。

(特措法第24条第9項)

●在宅勤務(テレワーク)、時差出勤、自転車通勤等、人との接触を低減する取組を実施する。(協力依頼)

●業種別ガイドラインを尊守する。(特措法第24条9項)

●休憩場所や食事場所など、職場での感染リスクが高い場所を再点検する。

(特措法第24条第9項)

●飲食店については、感染防止対策チェックリスト項目※を尊守するとともに、同一グループの同一テーブルへの入店案内を原則4人以内とする。